意外と知らない?普段の毛皮の扱いポイント

毛皮の価値を下げないための適切な保管術

普段から毛皮を愛用している人でも、意外と正しい扱い方については知らない事があるかもしれません。適切な方法で毛皮を扱っていれば、将来的に毛皮を買取業者に売る際に高い評価が得られます。毛皮の扱いで注意したいポイントは保管場所です。 日光が当たる場所は変色する恐れがあり、気を付けなければなりません。また日光だけでなく蛍光灯にも注意を要し、できるなら長時間晒さない心掛けが毛皮の変色を防ぐため効果的です。保管場所は湿度も重要であり、湿度が高すぎるとカビや虫が発生する可能性が高まります。風通しが良い場所での保管を心掛け埃もできるだけ毛皮にかからないような場所を選ぶ意識が、毛皮の本来の価値を維持するために重要です。

毛皮を汚してしまった時の対処が大切

毛皮の扱い方で重要性が高いのが、汚してしまった場合の対処です。毛皮を普段から身につけていると、トラブルで汚れる事態はどうしても避けられません。そのような場面でどのように汚れに対処したかにより、買取業者に鑑定してもらった時の買取価格に影響します。 万が一毛皮を汚してしまったら、まずは早急に汚れの原因を拭き取ることが肝心です。素早く汚れを拭き取れば、それだけ毛皮に対する影響は限られます。さらに毛皮の表面を濡れたタオルなどで軽く叩き汚れを落とすようにすると、ダメージは限定的です。それでも中には簡単に落とすことができない汚れもあるため、あまり時間が経たない間にクリーニング店に汚れ落としを依頼した方が毛皮の価値が維持できます。

Copyright © Fur coat. All Rights Reserved.